シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

たわごと

シンガポールから本帰国が決まった時の気持ち

ついにシンガポールを離れ、日本への本帰国が確定した。戻る場所が意図していない場所だったので別の問題は出てきたが、シンガポールを去ることの寂しさとどこかホッとした・・・。この「シンガポールから本帰国が決まった時の気持ち」は、去年の今頃自分で…

中国人女子と日本人女子の言語交換の背景にある本当の意味

今日も中国人女子が中国語で一体何を言っているのか、99%分からないままNYとシンガポール間で中国語と日本語の言語交換をする。しかし今日一つ分かったのは、我々は立場は違えど異国に暮らすもの同士、その寂しさみたいなものを分かりあえるということだった…

シンガポール女子とFriday飲みして考えさせられたこと

よくランチをするシンガポール女子と、今回は夜にビールを飲みに行く。こうなったくだりは二つあった。まずお互い酒を飲むことを最近知り、今度飲みに行こうと言っていたこと。もう一つは、私がこないだ言語交換をしている中国人女子に「リスニング力に進捗…

シンガポール生活を振り返る作業をする

自分のシンガポール生活を振り返ることにした。その目的は主にこれらだった。 ①自分のシンガポール生活で、何が起こりその時自分がどう感じどう対応し、結果どうなったかを記録しておくことで、同じ境遇の人の大変さや辛さをいつまでも忘れずに理解できるた…

シンガポールでベトナム女子とフードコートランチ

今日の中国語クラスは人数が4人と少なく、有意義だった。多分6人になると収拾がつかなくなるらしい。今回はテキスト以外のことを聞けたり、生徒同士で少し中国語で話したりして中国語会話らしいクラスだった。しかも中国語クラスの後にベトナム女子とラン…

急に60球も球を投げると、どうなるか。

ストレス発散に日曜日に「おりゃー!!」と言いながら、全力で硬球を多分60球は投げた。(1コインで12球×5コイン分はした)するとその日の夜は右腕が痛くなり、湿布を貼った。月曜日も湿布を貼った。そして火曜日の今日はしまいに軽いぎっくり腰のようになり…

シンガポールで多国籍メンバーで中国語を学ぶ難しさ

以前は夜のクラスでチベット人男子、日本人の私、中国人の先生の三人でビギナーレベルを学んでいたが、今は次のエレメンタリーレベルに上がり、朝10-12時で週二回のクラスに行っている。夜でもよかったのだけれど、同じ先生がよかった(夜は違う先生)。私の…

シンガポールに住むとある日本人のチャイナタウンでの過ごし方

ちょっとした不眠が再発して治らない。西欧医学でもアーユルヴェーダでも今回はダメだったので、中医学に頼ることにした。私にもいきつけの中医学クリニックがあるのだけれど、旦那が通っている中医学クリニックは目に見えて効果があるらしので今回はそっち…

シンガポールのライフコンサルトと3時間お話して

久々にライフコンサルタントをされているベナンさんと、キャッチアップをすることにした。私が先日何もかもに疲れた時『あぁ、何かベナンさんとお話ししたいな』と思い、コンタクトするとすぐに時間を作ってくれた。この方とは2016年11月のYour next stepと…

シンガポールの私の居場所

シンガポールに引っ越ししてきた当初、日本同様に自分のいくつかの行きつけの店を探さねばならなかった。そのうちの一つが美容院だった。髪は女の命であり、コミュニケーションに齟齬がありおかしな髪型になったら取り返しがつかないので、ローカルではなく…

シンガポール生活に疲れた時

なんだか急に今まで普通にしてきた色々なことに疲れてしまった。シンガポール中を散策することも、日本語を教えることも、記事を書くことも・・・。どこか自然の多い静かな場所で何も考えることなく、ただご飯を食べ、家事炊事をし、新鮮な空気を吸い、眠る…

シンガポールのチャイナタウンで見つけたマカオ料理と中国茶

チャイナタウンへ写真の練習と、日本でいう大晦日の雰囲気を味わいに行くことにした。そしてなぜか私はマカオ料理を食べ、中国茶屋でながーいこと茶を頂くことになる。 いつにも増して人でごった返しているチャイナタウン。 しかも暑い・・・。 新年の飾りや…

シンガポールで悩んだ時のオーラソーマ

先日のタロットの会に続き、オーラソーマを久々に受けに行った。オーラソーマは数あるボトルの中から自分がピンとくる色のボトルを選んで、その色から現状と今後についてみてもらうというもの。実は2年前のちょうど今頃にもここに来ており、当時のことを懐か…

ニューヨークとシンガポール間のLanguage exchangeのその後

3/24(土)にHSK(中国政府認定の中国語検定)を受けるため、Serangoon MRTの側にあるHSK Centreに申込みに行った。そしてLevel 2とLevel 3のダブル受験をすることにした。 HSKはLevel 6が最も難しく、Level 1は漢字の読み書きができる日本人には簡単すぎる…

不自由であることによる幸せがあることを学ぶ

今日、約一年近くオンラインで日本語を教えてきた個人レッスンの生徒が、何の連絡もなく突然消えた。当日のレッスンもすっぽかして。そして私は“不自由であることによる幸せ”というものがあることを学んだ。 生徒さんが突然連絡もなく消えることはたまにある…

スローなシンガポール生活に戻る

今日が学校に出勤する最後の日だった。契約期間はまだあるけれど、後期セメスターが終わり成績をつけ赤点の生徒に追試をして、全ての業務が完了したため実質的にもう何もすることはない。次のセメスターにシンガポールにいるかどうか分からないため、学校の…

シンガポール女子とマレーランチ

久々にシンガポール女子とランチへ行く。今回は私が前にNashi Lemakを食べに来たTangjong Pagerのマレー料理屋「The coconut club(http://www.thecoconutclub.sg/ )」で会うことにした。Nashi Lemak以外の物を食べようとしたら、ここは基本的にNashi Lemak…

シンガポールで次の新しい扉を開く

学校での日本語教師業は、残すところ成績処理と赤点を出した生徒さんへの追試の対応のみとなり、時間ができたので次の新しい扉を開いてみることにした。シンガポールで新しい扉を開きまくってきたが(開いてすぐに閉じたものもある)、次は心理カウンセラー…

35歳の旅先を考える

ある旅行会社から「お誕生日は素敵な一年の始まりです。この一年はどちらへ旅行されるのでしょうか」とまたメッセージが届いたので、今年の旅先を考えてみる。 実は既に以下が決まっている。 ・ミャンマー ・シンガポール~ペナン船の旅 それに加えて、私は…

シンガポールでまた魚介にあたる

誕生日にいい感じのイタリアンレストランで美味しいものを食べさせてもらった翌々日に、熱と腹痛で病院送りになった。 イタリアンレストランでは少しの美味しいものと結構たくさんのワインを飲んだ。すると翌日なんだか体が重くてだるい。そしてその日の夜ご…

シンガポールの学校で日本語を教えて思うこと(終わって編)

昨日がシンガポールの学校で教える最後の日本語の授業だった。これは学校の後期セメスターが終わることと、恐らく次のセメスターに私はシンガポールにいないと思われるため最後の授業になる可能性が高い。去年の10月に始まり色んなことに戸惑いながらも、あ…

シンガポール人と2時間半話し込んで思うこと

定期的に同じカフェで近況を話し合っているJamesから、久々に連絡があった。「久しぶり!今週空いていたらキャッチアップしない?」「今日か、明日か、明後日の午後なら空いていますよ」と言ったら「じゃあ15分後にいつものカフェで」となった。前は確か一時…

南国的シンガポール生活

シンガポールは都会だけれど、南国感を感じられることもある。例えば鳥。朝いつも「ぎゃああ!!」というえげつない鳥の鳴き声がしていたのだが、今日向かいのベランダにその声の主を発見した!すごくカラフルでキレイな鳥が止まっているではないか。しかも…

シンガポールの絶品バクテー屋さん「因縁」が東京にオープンするらしい

久々にバクテーを食べたくなり、前に行った近所の「因縁( https://www.facebook.com/tuanyuan.sg/ )」というバクテー屋さんへ食べに行った。そしてなぜかここの創業者兼オーナーのフランキーさんと顔見知りになった。 nisshi.hatenadiary.com 我々はいつも…

草木の香りで思い出すブータンのミントティー

シンガポールで南インドでしたアーユルヴェーダ生活をしようと、昨日サボった「②自然を感じる」を実行すべく今日は公園へ行く。 海辺の公園へ行こうと思っていたが、Google mapを見て行ったことがない公園の最寄り駅(Pasir Panjang)で適当に降りた。そして…

シンガポールで南インド的健康生活を試みる

年末年始南インドにいた時はお腹の調子がよかったのに、シンガポールに帰国するといつも通りお腹を壊しだした。(あと右目の下がピクピクする)これは明らかに食べる量が南インドにいた頃よりも多く、摂取カロリー自体も高くなっているからだと思われる。そ…

シンガポール生活の充実のさせ方(例)

今のように日本語を教えることとライターをしてなかった時に、何もすることがなくて暇と孤独で死にそうな時が割とあった。「あんたは魚みたいにずっと動いていないと死ぬタイプ」と誰かに言われた通り、たまに特にすることがなくなると今でもチーンとなる。…

シンガポール生活の終わらせ方について

ケララにいる間、ちょこちょこ残りのシンガポール生活をどのように過ごそうか考えていた。既に帰国へのカウントダウンは始まっており、恐らくあと3カ月くらいだと思われる。正式に帰任が決まる3月は何かとバタバタするので、自由に動けるのは実質あと2カ月く…

異国に住み、色々な境があいまいになることについて

今回ペナンに来て気づいたことがあった。それはもう東南アジアや南アジアのどの国へ行っても、なんだか異国に来たという感じが昔ほどしなくなってしまった。シンガポールに住んでいるおかげでマレーシアで言えば、目に映る人(マレー系とインド系の人がいつ…

12/22(金)プールサイドで、いい先生について考える

「あれ、今どこにいますか?」オンラインで教える日本語のクラスも今日が今年最後の授業だった。いつもSkypeで映っている背景が違うので気づいたのだろう。「マレーシアです」今日はアメリカとマレーシア間で日本語のレッスンをする。そしてお互いの今年一年…