シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールで暮らすことになった自分へ送るアドバイス ~その6~

⑩頑張りすぎないで・・・ 特に「①健康でいてください」と関わってくるけれど、とにかく頑張りすぎないでほしい・・・。頑張りすぎに自分で気づけないのなら、周りの家族や自分のことをよく知っている友人などに頑張りすぎていないか見てもらうといいと思う。…

異文化を理解はしても、私はどこまでも日本人

また新たな文化の違いで、ちょっとした混乱を招いたのでここに残しておくことにした。今回改めて思ったのは、異文化を理解や尊重はしてもその異文化に自分が無理をして合わせる必要はないということ。 あるシンガポール人が知り合いの中国人のための部屋を探…

シンガポールで暮らすことになった自分へ送るアドバイス ~その5~

⑧今のことだけ考えてください シンガポールにいる間は、シンガポールにいる”現在”にフォーカスしてほしい。日本にいた頃に自分が手にしていた”過去”のものを惜しんだり、日本に帰った後のよく分からない”未来”のことを思い悩むよりも。(しかしそうする気持…

一人の生徒さんとの別れ「関西に来てくださいね」

今日は一人の生徒さんとの最後の日本語レッスンだった。この生徒さんは去年5月から毎週レッスンを取り続けてくれた、二番目に長い生徒さん。日本へ行ってから、日本の文化をもっと理解したいと言語を学び出したそうだ。最後だったので私が外国人に日本語を教…

シンガポールに暮らすことになった自分へ送るアドバイス ~その4~

⑥自分でどうしようもないことは、受け流してください シンガポール周辺国を三か月一人旅した後に会社勤めに戻ろうとしたが、長いこと内定をもらえなかった。あと実はローカル学校で日本語教師をすることも、始めは内定を取り消された。(生徒が思ったよりも…

シンガポールで暮らすことになった自分へ送るアドバイス ~その3~

⑤色んな人に出会って、一刻でも長く一緒に楽しく過ごしてください 私のシンガポール生活で最も重要だったのは人との出会いだった。色んな人と話すことで価値観が変わり、生活も充実していった。だから是非色んな人にたくさん会って、たくさん話してほしい。 …

チャイナタウンのTeoさんと中国語の先生とのお別れ

今日は大変お世話になったTeoさんとのお別れだった。色んな人によくして頂いたが、特にTeoさん無くして私の充実したシンガポール生活はありえなかった。 12時にTeoさんのお店に行く。「お久しぶりです!また会えてうれしいです!」「まぁ、どうぞ。まずかけ…

シンガポールに暮らすことになった自分へ送るアドバイス ~その2~

③自分の意思で、好きなものを選んでください 最終的には自分で決断したものの、そもそも私がシンガポールに来たくて来たわけではないのでその時点で自分の意思に反していた。その分シンガポールに来た後は、可能な限り自分の意思で色んなことを選んだ。例え…

シンガポールで暮らすことになった自分へ送るアドバイス ~その1~

自分の約三年間のシンガポール生活を遠巻きに見て、もしシンガポールに来たばかりの頃の自分にアドバイスができるとすれば、何を言うかを考えてみることにした。 ①まず健康でいてください 私はシンガポールに来てから、割と健康を損ねた。不眠から始まり適応…

限られたシンガポールの週末が終わっていく

二週間ぶりにNY在住の中国人女子とSkypeで話す。「好久不见!(久しぶり!)」実は先週の日曜の朝に話す予定だったのだけれど、すっぽかされた(笑)私がたまに風邪をひいたとか今回は日本に帰るからとかで日程を変更したので、彼女を混乱させた模様。ちなみ…

チャイナタウンで知るボボチャチャの衝撃的事実

いつも通り中医学クリニックへ行き、鍼を打ってもらい薬をもらう。その足でChinatown complexのマカオ料理を食べに行く。「Hi」何回も通っているので、店のお兄さんと顔見知りになった。今回は前に食べたいと思っていた魚料理を食べたが、これがまたおいしか…

Your next stepのキャッチアップは終わらない

2016年11月のMeetup「Your next step」でお互い出会ってから、今日も我々はいつも通りいつものお決まりのカフェでキャッチアップをする。これがシンガポールでFace to faceで話すのが最後ということを除いては。 「お久しぶりです~元気でしたか?」「元気だ…

シンガポールを出るまで、帰国後のことは考えない!

なぜか先週日本から戻ってから、ずっとひどい疲れがとれない・・・。北インドのラダックを旅した時に、レーからパンゴン湖へ標高5,000m以上の峠を車で越え、往復11時間かけて行った後にホテルでこと切れた時と同じくらい調子が悪かった。しかし不思議なこと…

シンガポールのサンセットにやはり敗れる

なんとかシンガポールにいるうちに地平線に沈むきれいなサンセットの写真を撮れないか、またOutram parkにあるHDBの50階のスカイブリッジへ行ってみた。スカイブリッジに行くための手続きをMA Officeでしようと思ったら、食事休憩中という札がかかってあるで…

変わらないのはJimさんだけ

久々にチャイナタウンの中医学クリニックへ行く。「こんにちはー。先週日本にいました」「こんにちは、そうでしたか。先週見なかったので、いかがなさったのかと思っていました」いつも通り脈診と舌診を受け、血圧を測る。「血圧はいいですが、睡眠の質がよ…

出会いによる世界観の変化

腰がやられた・・・。今回の日本への一時帰国は、行きは中国を帰りはベトナムを経由してシンガポールへ戻ったためフライト時間が長く、前にバッティングセンターで痛めた腰痛が再発してしまった。また中医学クリニックで鍼を打ってもらうか・・・。 (刺され…

自分が持っていた”日本の常識”を疑う

今までにも何回か日本へ一時帰国はしていたけれど、今回は本帰国を前にして少しいつもと違うことを感じたのでここに残す。それは今まで自分が持っていた『日本の常識』や『日本での生活はこうあるべき』というのは本当なのか?という疑問だった。 そう思った…

本帰国前の日本で感じる疎外感

この時期日本へのフライトは恐ろしく高く、しょうがなく我々はまだリーズナブルだった中国南方航空で広州経由で日本へ一時帰国をする。そして旦那の新天地の住まいを探す。中国語を聞いたり使う機会があってよかったが、個人的には二度とこのエアラインは使…

最後のアドバイスはティラミスヒーローで

いつも人生相談をしていたライフコンサルトの中国人(シンガポール人と思っていたら違った)と恐らく今日がシンガポールで会う最後の日となる。ティラミスは食べないが、ご飯がおいしいし店内がかわいいのでティラミスヒーローで会うことにした。 道に迷った…

シンガポール人女子をおうちに招く

旦那が私のシンガポール人の友人に会ってみたいと言ったことと、よく会うシンガポール人女子が「なんでおうちに招いてくれないの?と思ってた」と言ったので、家に招くことにした。そして私はまた色々と文化の違いを知ることになる。 シンガポールには日本食…

シンガポールで中国語検定の終わりと本当のはじまり

ついに中国語検定の日がやってきた。去年12月に『シンガポールに住んで中国語を勉強した記念にHSK 2級を受けるか』と軽いノリで決め、Level 2と3の両方を申し込んだが最終的にはより難しいLevel 3だけを受験することにした。去年7月から12月までビギナーコー…

シンガポール在住中に出会えた人との別れは順番に

まだ一カ月はシンガポールにいるものの、シンガポールで出会った人との別れの時間が順番にやって来る。 まず中国語の先生だった。去年7月から毎週通っていた中国語クラスは今週月曜日が最後だった。最後に質問はあるか?と聞かれたので、質問の代わりに中国…

中国人との付き合い方のようなものを知る

今日もNY在住の中国人女子とスカイプで言語交換をする。そして彼女と話す度に、私は言語以外の何か新しいことを知る。今日知ったのは、中国人との付き合い方のようなもので、それはざっくり言うと『日本人同士のような遠慮は無用』ということだった。 例えば…

シンガポールのリトルミャンマーでヤンゴンを思い出す

シンガポールのリトルミャンマー(Peninsula plaza)へ、ヤンゴンで食べておいしかった茶葉の炒め物とミャンマービールを探しに行くことにした。 まず地下一階のミャンマー料理屋「Inle Myanmer」へ入る。ミャンマーへ行く前はメニューに馴染みがなく、何を…

中国語クラスでのイスラエル女子の爆発

中国語クラスは残すところ、今日と来週月曜の二回になってしまった。読み書きはできても一向に私のリスニングとスピーキング力は向上しないまま、シンガポールではクラスを終えることになる。まぁ去年の7月から勉強し始めて、まだ約8カ月。それでこれだけで…

3/11(日)船内でカジノとドレスアップを楽しむ

今日は丸一日船の中なので、船内を楽しむことにした。まず朝ごはんのレストランが結構ゴージャスで嬉しい。毎日部屋には今日の一日に関する新聞のようなものが投げ込まれており、朝ごはんはどのレストランで何時から何時までとか、ディナーのレストランの場…

3/10(土)クルーズ船の中とジョージタウンの散策

船の出航は16:30だが、泊まる部屋のクラスによって港に行く時間が決められていた。我々は12:10にMarina Bay Cruise Centreへ行き、スーツケースのチェックイン、パスポートコントロール、印刷してあった提出が必要な書類などを出してスムーズに船に乗り込ん…

3/9(金)シンガポールからの最後の旅はペナン島へのクルーズ

「もしかしたら、これがシンガポールから行く最後の旅になるかもしれないね」と言いながら、約一カ月前に予約したマレーシアへのクルーズ旅行は、本当にその通りになった。私は現時点でもうこれ以上の近隣諸国への旅を望んでいない。 本帰国が決まり、これか…

シンガポールから本帰国が決まった時の気持ち

ついにシンガポールを離れ、日本への本帰国が確定した。戻る場所が意図していない場所だったので別の問題は出てきたが、シンガポールを去ることの寂しさとどこかホッとした・・・。この「シンガポールから本帰国が決まった時の気持ち」は、去年の今頃自分で…

中国人女子と日本人女子の言語交換の背景にある本当の意味

今日も中国人女子が中国語で一体何を言っているのか、99%分からないままNYとシンガポール間で中国語と日本語の言語交換をする。しかし今日一つ分かったのは、我々は立場は違えど異国に暮らすもの同士、その寂しさみたいなものを分かりあえるということだった…