シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールで次の新しい扉を開く

学校での日本語教師業は、残すところ成績処理と赤点を出した生徒さんへの追試の対応のみとなり、時間ができたので次の新しい扉を開いてみることにした。シンガポールで新しい扉を開きまくってきたが(開いてすぐに閉じたものもある)、次は心理カウンセラーにすることにした。これを選んだのにはいくつか理由がある。

まずは自分がシンガポールに来てから感じたことや、自分に起こった色々な出来事を通して人間がどんな生き物なのかに興味が沸き、それを心理学の観点から理解したいと思ったことだった。例えば日本でいた頃は、自分から他人に関わろうとあまりしなかったが、それでも寂しいと感じることは特になかったように思う。たくさん友達がいる訳でもなく、ごく限られた数の何でも話せる友達とたまに飲むくらいだった。が、シンガポールに引っ越した時は、定期的に話をしたり酒を飲んだりできる友達が誰もいないことを寂しいと感じて、珍しく交友関係を自ら広めた。(ここで人間は誰かと関わりたい社交的な生き物と知る)そして仕事に就くまでは、自分が誰の何の役にも立っていないと感じて悲しくなった。別に日本で誰かの役に立ちたいと思って働いていたわけでもないくせに。(ここで人間は自分の存在意義を感じたり、他人に認めてもらうことが必要な生き物と知る)旅先で色々な人が無条件に自分によくしてくれたことで、自分のことばかり考えるのは止めて人の役に立ちたいと思うようになったが、日本でも色んな人が良くしてくれていたはずなのになぜシンガポールでそのように思ったのか。日本にいた頃の自分は何者で、なぜシンガポールで今のように変わったのか・・・など興味が尽きない。それに”どういう時にどういう心理が働いて、思考や行動がこうなる。”といったことを理論として知っていれば、何かとウニウニ考える癖のある自分にもうまく対処できるのではないかと期待する・・・

(これは約2か月で終了できて、JAPD主催のメンタル心理カウンセラーの資格を受験することができる。手軽)

f:id:Nisshi:20180201160342j:plain

もう一つは、自分が異国生活で苦労した経験を活かして、次は日本に住む外国人に対して何か役に立てないかなと思ったことだった。日本語を教えている生徒さんの中には将来日本で働きたいという人もおり、こういう人達が(もしくは既に住んでいる外国人も)日本に住むことになったら何が起こるかがだいたい分かる。言葉の問題で意思疎通が難しくてもどかしかったり、異国生活の大変さを共感してくれる人がいなくて孤独を感じたり、頑張りすぎて疲れたり、またその頑張りを誰も認めてくれないと落ち込んだり、言語ができても文化の違いから「???」となったり、自分の国が恋しくなったり・・・。現時点でどういう形で役に立てるのかは分からないが、自分の経験以外の体系的な知識や理論を知っているのも悪くない気がした。

みな悩みながら自分でやっていくんだろうけど、仕事を得たいとか不眠を治したいとかいう具体的な目的がなくても、気軽に立ち寄って話ができて、そこへ行けばいつでも温かく迎えてもらえるというような場所があったらいいなと思う。日本で言う近所の行きつけの飲み屋みたいな。

35歳の旅先を考える

ある旅行会社から「お誕生日は素敵な一年の始まりです。この一年はどちらへ旅行されるのでしょうか」とまたメッセージが届いたので、今年の旅先を考えてみる。

実は既に以下が決まっている。

・ミャンマー

・シンガポール~ペナン船の旅

それに加えて、私はまだマレー半島陸路横断の旅を諦めていなかった。しかもGoogle mapを見ていると、もしかしてシンガポール→マレーシア→タイ→ベトナム→中国までいけるんじゃないかと思えてきた。プーアル茶の産地を訪ねたいと毎週Skypeで言語交換をしている中国女子に話したところ、雲南省へ行けと言われた。雲南省はとてもきれいな所らしく、中国語では「云南大理」といって、雲南省という所はせかせか働いたりせずにのんびり毎日過ごすような場所らしい。確かにネットで雲南省を調べると大変美しい。また多民族が暮らしており、ミャンマー、ラオス、ベトナムと接することから料理も東南アジア風らしい。ちょっと私が今までに見た上海、杭州、厦門などとは違うようで興味深い。

(CNN Japan 雲南省のお勧め観光スポットの一つ)

f:id:Nisshi:20180130200841j:plain

Source: CNN.co.jp : 中国・雲南省でおすすめ、観光スポットや料理9選 - (3/5)

「中国まで陸路~?!じゃあ試しに一回マレーシアの上まで行って、行けそうだったらやってみたら?それか途中で無理なら飛行機で帰るとか。あ、でも近くに空港あるか分からないよね。っていうか、雲南省とシンガポール間の飛行機ってあるの?」調べてみると直行便はあった。フライト時間は4時間で香港と同じ。「3月最終週あたりなら多分行けるよ」と旦那。「あ、プーアル茶の旅に興味ある感じ?多分、私が北インドへ行く時みたいな割と過酷な旅になると思うけど」「・・・過酷なのは嫌だよ」もしかしたら、我が家のシンガポールを離れる最後の旅は中国かもしれない。大体モルディブへ行くことが多いらしいのだけれど。

日本に帰った後は温泉や香川のうどん、お寺や神社巡り、日本酒酒蔵巡り、茶道、伝統工芸品の見学など日本各地を周りたい。自分が日本語の生徒さんに教えていた日本文化(茶道を私はしたことがない)や習慣などを、実際に自分でも体験し本物を多くの人に発信したいなぁと思う。

シンガポールでまた魚介にあたる

誕生日にいい感じのイタリアンレストランで美味しいものを食べさせてもらった翌々日に、熱と腹痛で病院送りになった。

イタリアンレストランでは少しの美味しいものと結構たくさんのワインを飲んだ。すると翌日なんだか体が重くてだるい。そしてその日の夜ご飯を作るのがめんどくさくなり、ホーカーで酢豚の具が魚のフライになった脂っこいタイ料理を食べたところとどめを刺された。次の日に下痢になり熱がどんどんあがり、腹が痛くなった。英語の診察にはなるがRaffles hospitalの24時間受付へ駆け込み、症状を伝えるも先生は原因がよく分からないよう。「多分ウィルス性の胃腸炎でしょう。脂っこいものやシーフードなどは避けてください」といくつかの薬が出され、また悪くなったら来てくださいとのこと。案の定、夜にさらに熱が上がり物が食べられなくなり、体の節々が痛くなってインフルエンザかと思われた。翌日、日本語で100%症状を伝えられるように日本語が通じる病院へ行き同じことを説明するも、やはり日本人の先生でも原因が今一つピンとこないようだった。「インフルエンザの検査結果は陰性ですね。ホーカーの食べ物などによる胃腸炎でしょう」とのことで、抗菌剤が追加で出て終わった。

ここ最近、自宅でもヨガをしたりレモン水にして水をたくさん飲んだり、物を食べすぎないようにしたり、外に出て自然を少しでも感じるなどして体調はよかったのに・・・。「もう一体何に気をつけたらいいんか分からん。ずっとうどんとかばっかり食べてへんとあかんのんかいな!!」と怒り心頭の私。「まぁ、胃腸を疲れさせるとだめだということだね」と旦那。「しかもこういう症状になって原因が分からんと、いっつも医者はホーカーとか魚介の食べ物が原因と言うし・・・あ!!そういえば生牡蠣あのイタリアンで食べたな!!」「あ!!ほんとだ!(あのレストランを選んで)すみません・・・」雰囲気のいいイタリアンレストランでここがシンガポールということも、前にホーカーの魚介であたったこともすっかり忘れて、生牡蠣を食べてしまっていた。

「なーんや、あの牡蠣か!」原因が分かってすっかり元気になった。原因が分からなかったらもうこれ以上生活習慣の改善のしようがないので、暴飲暴食しまくってやろうかと思っていたけれど、もう少しアーユルベーダ的シンガポール生活を続けることにしよう。

f:id:Nisshi:20180130194936j:plain

シンガポールの学校で日本語を教えて思うこと(終わって編)

昨日がシンガポールの学校で教える最後の日本語の授業だった。これは学校の後期セメスターが終わることと、恐らく次のセメスターに私はシンガポールにいないと思われるため最後の授業になる可能性が高い。去年の10月に始まり色んなことに戸惑いながらも、あっという間だった。全ての授業を終えた今、自分が何を思うのかここに残す。

まずとても難しかったが、楽しかった。自分が日本語を教えそれを生徒が習得しできるようになっていくのを見るのはとても楽しいし、誰かが冗談を言ってみんなで笑ったり、生徒一人一人との何気ない会話もまた楽しいものだった。(日本食屋でバイトをしている子が「おつかれさま!」といっていつも帰って行った)どんな授業をすればいいのか悩むことも多かったが、生徒さんの笑顔や一生懸命勉強している姿に励まされた。

次にこの教えるという職業は、自分が誰の何の役に立っているのかが分かりやすく、やりがいがあった。会社勤めの頃は間接部門で働いていたため、自分のしている仕事が何の役に立っているのか分からないことも多く、生活費を稼ぐことと自分のキャリアアップ以外のモチベーションはなかった。しかし今回した日本語教師は、多少のアドミン業務を除けば自分がしている全ての業務が、生徒に日本語を分かりやすく教えるためであり、無駄がなくシンプルでよかった。それに今回シンガポールで日本語を教えている限りでは、自分が誰かから搾取されることも自分が誰かを搾取することもなく、自分が人に何かを与えることで金を稼げたのもいいことだった。これはもともと私がシンガポールで会社勤めを辞めた時に目指したものだった。

その他にもいくつかラッキーなことがあった。シンガポール人が真面目で勉強熱心なことや英語で教えられたこと。もしお互いの共通言語がなく日本語だけで教えていたら、このように生徒と距離を縮めることは難しかったように思う。それに英語を使うと生徒を褒めやすい。日本はあまり褒める習慣がないので、日本語を使うと褒めづらい。昨日「I am so proud of you, everyone!」と言ってみながんばったことを褒めたが、これを日本語で言うと「みなさんを誇りに思います(?)」のようになり何だか胡散臭い。そしてテキストやいくつかの進行具合を除いては、学校側が自由にやり方を全て任せてくれたことも大きかった。もし細かく色々とやり方を管理されたら、性に合わなくて辞めたかもしれない。しかし私にはグループレッスンの経験がないにもかかわらず、このように全てを任せられるモジュールリーダーの懐は大変深いと思う。

私が日本を離れる前に会社で受けたアセスメントには、こう書かれていた。『物事の筋道を重視する方だが、人の気持ちを思いやる姿勢も必要である』私はこの教えるという職業についたことで、前に比べて少しは人に寛大になることができたように思う。自分が英語の習得に苦労した分生徒の気持ちがよく分かるのもあり、どうすれば生徒にとって分かりやすく説明できるか、どうすれば生徒が上達するか、どうすれが生徒が楽しく学べるかなどを考え続け、できないからといって叱ったりすることもなく一緒にどうすればできるかを考えて行った。グループレッスンの経験がゼロだったように、自分は生徒に教えながらも生徒から教えることについて学び、一緒に成長していったのだと思う。 

昨日授業の最後にある生徒さんがみんなで写真を撮ろうと言ってくれ、記念写真を残すことができた。その写真と、ある生徒さんが「コレ、おみやげ」と言ってくれたお守りを見ながら思う。もしまだシンガポールにいたら、学校でまた日本語を教えることを続けたい。多分どれだけ場数を踏んでもきっと慣れることなんてなくて、毎回悩みながらやっていくのだろうけど、それを超える楽しさややりがいがあると今は思う。

f:id:Nisshi:20180126192334j:plain

シンガポール人と2時間半話し込んで思うこと

定期的に同じカフェで近況を話し合っているJamesから、久々に連絡があった。「久しぶり!今週空いていたらキャッチアップしない?」「今日か、明日か、明後日の午後なら空いていますよ」と言ったら「じゃあ15分後にいつものカフェで」となった。前は確か一時間くらいの猶予があったが、今日は15分て。もっと早く言ってくれ!と思いながらも、15分後にそのカフェに行った。そしてまた我々は二時間半ほど話し込むことになる。

「お久しぶりです~!元気ですか?」から始まり色んな話をする。私の南インドの旅や次のミャンマー旅行の予定、学校で教えている日本語の授業や日本人の自然に対する道徳観とシンガポール人の道徳観、日本で外国人が増えることに対する私個人の考え等・・・。そして何かの拍子に将来私がやってみたいことの一つである茶の商売の話になった。「ネパールやその他新興国でおいしくて品質の良い茶を発掘して、その素晴らしい茶を他の人に紹介して先進国の妥当な値段で買ってもらい、その利益を農家へ還元することで彼らの役に立つということをやってみたいですね。私が色んなアジアの国々を旅した時に現地の人はみな親切に助けてくれましたので、次は自分が何かの役に立ちたい。それに私は茶がすごく好きなんです。自分がもっと茶のことを勉強して、茶のおいしさを他の人にも知ってもらいたいんです」今のところ私がおいしいと思って持ち帰ったスリランカ、インド、中国の茶のよさを知っているのは、自分の旦那だけだ。特に中国の安渓で買ったある鉄観音茶は本当においしかった。これはただカップで茶を飲むだけでなく、私が中国でやったように中国式の茶の飲み方でぜひ本物を味わってもらいたい。

(茶の入れ方で、味が変わりますので)

f:id:Nisshi:20180122182716j:plain

すると彼も何か似たようなことにトライしようとしているらしい。「ベトナムのオーガニックとかハンドメイド商品を先進国で販売して、君が考えているようなコンセプトのことをしたいんだ」彼はいつも新しいことを思いついては披露してくれるのだけれど、私が尋ねるのはいつも『誰の何の問題を解決したいのか』だった。これがぼやっとしているので、何を目指しているのかがいつも分からなかった。そして今回もぼやっとしていた。「オーガニックとかハンドメイド商品に興味のある人が、シンガポールにどれくらいいると思いますか」「わからない」「その商品で顧客のどんな問題を解決できますか」「・・・。」「私がさっき言った茶の商売をするなら、例えばその茶の産地へ私が行った時のことや、その茶の素晴らしさをブログに書いて他の人に知ってもらいますが、あなたはどうやってその商品をネットで宣伝しますか」他にも色んなことを聞きたくなったが、あまり聞きすぎると詰問みたいになってしまうので、この辺で「面白そうですね。しかしチャレンジングそうです。Good luck!」とコメントして締めくくった。毎回彼は最後に苦い顔になるのだけれど、我々はいつも通り「またキャッチアップしよう!」と言って笑顔で別れた。

ちなみに私はブータンのハンドメイド商品が好きです。品質はそんなに良くないが、これを見るとブータンを思い出すことができる。それが私にとってのこの商品の価値。

f:id:Nisshi:20180122192228j:plain

それとネパールで買ったこの四角いお守りも大事なものの一つ。これはネパールに亡命したチベット人が作ったお守りで、効力を発揮するようにとインド・ラダックのチベット寺院でお坊さんにお経をあげてもらったもの。このお守りにはこういった様々な思い出が詰め込まれており、本当の意味で全く同じ価値(=これらの思い出)の商品を二度と買うことはできない。

f:id:Nisshi:20180122192220j:plain家に帰ると、WhatsAppでメッセージが届いていた。『急だったのにも関わらずありがとう!君が日本に帰る前にまたキャッチアップできるといいんだけれど。いつも(”ストレートで辛口の”と言いたいのだと思われる)君の意見が参考になるよ』私はこう返した。『いえいえ、私はいつもあなたとのキャッチアップを楽しんでいます。それにこのように、フレキシブルにあなたとキャッチアップできなくなるくらい多忙になりたくはありません。またキャッチアップできますよ。例え私が日本に帰ったとしても!』実際ネットさえ使えれば、お互いどこにいても今と変わらずに話すことができる。ベトナムでもシンガポールでも日本でも。

今日思ったのは、まず英会話よりも実際にこのように話したい人と話したいことを話す方が、よっぽど勉強になるということ。英会話で話す話題は浅いことが多いし、練習のために無理に話している感がある。私の思う一番いい先生は『この人と色んな話題について話したい』と自然に思える人なのだが、中々そういう人はいない。10年以上英語を学んでいるが、過去に一人か二人くらいしかいなかった。その先生自体が語学の先生というだけではなく、一人の人として魅力的でないとそうは感じられない。次に思ったのは、このように会う度に長い時間話し込めるような人の存在は貴重だということ。日本でもそういう人は、私には二人か三人くらいしかいない。そういう人を大切にしなければ。最後に私のしたい茶の商売は”遠い将来にいつか”と思っていたけれど、どうして近い将来にできないのか?と思った。彼とも話していたが、人生は短いのでやりたいことをやりたいと思った時にやった方がいいかもしれない。

(このインド人みたいに夕日に向かって、手漕ぎボートを漕ぐとか)

f:id:Nisshi:20180122193532j:plain

南国的シンガポール生活

シンガポールは都会だけれど、南国感を感じられることもある。例えば鳥。朝いつも「ぎゃああ!!」というえげつない鳥の鳴き声がしていたのだが、今日向かいのベランダにその声の主を発見した!すごくカラフルでキレイな鳥が止まっているではないか。しかも結構でかい・・・。これが普通に街中を飛んでいるのは、さすが南国と思う。日本でこのようなカラフルなでかい野鳥を私は見たことはない。鳥好きにはたまらない。どうやらこのお宅はベランダで鳥を飼っており、その鳥の所にこのカラフルな鳥が来るみたい。

f:id:Nisshi:20180121212919j:plain
f:id:Nisshi:20180121212932j:plain

f:id:Nisshi:20180121220720j:plain

f:id:Nisshi:20180121220723j:plain

あとココナッツの木。これは南国感がある。f:id:Nisshi:20180121215101j:plain

f:id:Nisshi:20180121215123j:plain

(関係ないけど昼に食べたハーバルチキンミー。なぜ麺があるのにパンもついてくる・・・)

f:id:Nisshi:20180121202155j:plain他に南国感を感じられるのはフルーツ。シンガポールはフルーツが日本よりも安くて種類が豊富。日本ではあまり見ないマンゴー、パパイヤ、ドラゴンフルーツなどが安く買えるのは嬉しい。しかもメロンやパパイヤ半分がFair priceでSGD2以下だった。今日はドラゴンフルーツを買う。

しかしこれはどう皮をむけばいいのか・・・。とりあえず、強引にりんごのように皮をむいていく。

f:id:Nisshi:20180121202259j:plain

半分に切るとすごい色。昔カンボジアで食べた時は、実が白かったような・・・。

f:id:Nisshi:20180121202301j:plain

気がついたらすごく手が紫になっていた。「ひえー!!!」染色力が強いようで、洗剤で洗っても完全に落ちない・・・。ドラゴンフルーツ自体は甘くておいしい。ちょっとマンゴーやパパイヤなどに比べて味が薄いので、しっかり冷やした方がおいしいと思われる。

f:id:Nisshi:20180121202304j:plain

スーパーをウロウロしていて思ったけれど、いつも日本食を作るための材料しかあまり見ておらず、実は南国フルーツを含めて知らない食材が結構あった。なぜそういうものにもっと早い段階で興味を持たなかったのだろう。なぜかシンガポールをもうすぐ去るという時になって、まだ知らない新しいことや物に気付く。

南国的シンガポール生活をもっともっと今のうちに楽しんでおきたい。

シンガポールの絶品バクテー屋さん「因縁」が東京にオープンするらしい

久々にバクテーを食べたくなり、前に行った近所の「因縁(

https://www.facebook.com/tuanyuan.sg/

)」というバクテー屋さんへ食べに行った。そしてなぜかここの創業者兼オーナーのフランキーさんと顔見知りになった。

nisshi.hatenadiary.com

f:id:Nisshi:20180119230725j:plain

我々はいつも通りバクテー(もちろん一人一杯づつ)、炒め物、湯葉、ご飯をすごい勢いで食べ、汗だくで早く帰りたい旦那を無視して私は茶をのんびり飲んでいた。そこへフランキーさんが我々に話しかけてくれたのが始まりだった。フランキーさんが甘茶を指に少し付け、油がたくさん使われた炒め物のソースが残った皿に茶が付いた指をぴとっと置くと、茶がみるみるうちに皿の端へとはじかれていった。「茶はバクテーの油を体の外に出してくれるんだよ」とのことで、この店で働いている英語が堪能な息子さんをわざわざ連れて来て説明してくれた。(私の中国語はまだまだ役に立たない・・・)

我々が日本人と分かったからか、その後もちょこちょこ話しかけてくれる。「日本の著名人がこの店に来たんだよ」と見せてくれた写真は松田聖子ともう一人、顔は分かるが名前が分からない俳優さん。「えぇ、そこの壁の写真で見ました」「東京に店を開くんだ」「え!?すごい!やったー!絶対行きます!」実はさっきバクテーを食べながら「これほんまにおいしいなぁ。日本でもアジア料理屋とかで出したら絶対売れると思うねんけどなー」と言っていたところだったので本当に驚いた!日本では日本人を教育して作らせ、フランキーさんは年に数回東京に足を運ぶそうな。これでシンガポールが恋しくなったら東京でこれと同じバクテーを食べられるし、シンガポールを思い出すことができる。

さらにフランキーさんの生い立ちがシンガポールのテレビで特集されたらしく、わざわざご自身の携帯で見せてくれた。約30分弱も(汗)。簡単に書くとこのような内容だった。フランキーさんは実は25歳の時に当時の彼女(今の奥さん)に会いに行く途中、大きな交通事故に合い大重体になった。そして医師からは寝たきりになるだろうと宣告されたそうだが、奇跡的に回復され、今はこの「因縁」と我々も前に行ったOutramの「Ya Hua Bak Kut Teh」も経営されている(オーナーが同じとは知らなかった)。シンガポールを始めとする東南アジアなどでチャリティー活動も行い、自分が得たものを社会に還元されている。

この特集で印象深かったことは、フランキーさんのこの言葉だった。「あの事故は私のターニングポイントとなった。私はもともとIQが高いわけではなかったが、事故の後どういう訳か利口になった。そしてビジネスの世界に突然入って行った。きっとこれは天が私に授けたミッションだったのだろう」

(ここからこのフランキーさんの特集が見れます)

www.facebook.com

私はここの「因縁」も前に行った「Ya Hua Bak Kut Teh」も、どちらも好きだ。どちらの店もとてもおいしくて大変流行っているのは、フランキーさんが『みんなに美味しいバクテーを食べてHappyになってもらいたい』とか『他の人を助けたい』という精神から来るものだと今日分かった。もしそういう精神がなく金を儲けることがビジネスの目的になった時、そのビジネスは崩壊するのだろうなと思った。

「バクテーを作っているところを見ますか?」「次に来た時に見せてもらいます(茶を飲み過ぎて、腹が膨れた)すぐそこに住んでいるので、また来ます。どうもありがとうございました」きっと我々が今日ここに来たのも何かの因縁だったんだろうなと思う。もっと言うと、この店は私が前にカードホルダーを失くして、近くの交番に取りに来た時に見つけたものだった。恐らくカードホルダーを失くさなければ、この店に来なかったかもしれない。何だか色んなことがまた繋がっていることに気付く。

東京の店に絶対に行きますね!(多分またすぐここにも来るけれど)